2012年 1月13‐22日   世界中の青少年がインスブルックに集う
 

20121月13日から22日までの間、インスブルックのベルギーゼルスタジアムにオリンピック聖火が灯されます。

世界でも、オリンピックが3回開催されるという栄誉に浴するのはインスブルックが初めてです。アルペン競技のメッカであるインスブルックは、第一回目の冬季ユースオリンピック大会の開催に向け、2年間の準備を進めてきました。


 
 

シンガポールで開催された第一回夏季ユースオリンピックから2年 後、14才から18才までのアスリート1000人以上がインスブルックで、バイアスロン、ボブスレー、カーリング、ホッケー、リュージュ、スケートそして スキーの種目で競い合います。2010年にバンクーバーで開催された通常の冬季オリンピックとの違いは、実施競技数と試合数が少ないという点だけです。

ユー スオリンピックの理念は、青少年のアスリートたちにもオリンピックを体験し、世間に知ってもらうきっかけを作ること、そして、特に互いが実りある交流を持 ち、国際間の協調に貢献することにあります。インスブルックは2回の冬季オリンピック(1964年と1976年)を含む数多くのスポーツのビックイベント を開催している実績を買われ、クオピオ(フィンランド)、ハルピン(中国)、リレハンメル(ノルウェー)を抑えてユースオリンピック開催地に決定しまし た。

大 部分は既存の競技会場を使用することになっており、オリンピア・ボブスレー・リュージュ競技会場などは最近、改修を終えたばかりです。この会場は1976 年のオリンピックに合わせて作られた世界初の複合人工アイスバーンであり、ボブスレー、リュージュそしてスケルトンのレースを開催することができます。オ リンピック村は現在工事中であり、また、IOC(国際オリンピック委員会)が重視している文化的イベントについても、組織委員会が現在総力を結集して計画 を進めています。