社交界マナー
 

社会人として大人になっていく上で様々なマナーの習得が必要になってきます。しかし日本では子供から大人までマナーの悪さが問題になっています。ヨーロッパでは一人前の大人として扱われるための準備として、13才から社交界マナーを学びます。社交界マナーと一般的な日本のマナーとは異なる部分もいくつかありますが、マナーというものが「他人を不快にさせない」ためにあるという点は共通しています。社交界マナーは一見無駄なように思えるほど細かい部分もありますが、それにも様々な意味があり、他人を思いやる心のゆとりがなければ細やかな気配りは出来ません。
 この社交界マナー教室を通して子供たちはもう一度他人を思いやる気持ちを思い出し、自分勝手にならずマナーを守る大切さを学ぶことが出来るでしょう。