「SOS子供の村」見学
 

「SOS子供の村」とは戦災孤児や家庭で重度の虐待を受けた子供、親に様々な問題があり家庭に戻せない子供などを対象にした、純民間の国際的児童福祉団体です。1949年、チロル州・イムストの町に世界で初めて「SOS子供の村」が創設されて以来、現在では世界131ヶ国で439の村が運営されています。
 「SOS子供の村」のコンセプトは子供達に安心できる家族を与え、あらゆる悲しみから開放し、子供達の豊かな笑顔を取り戻すことです。
「SOS子供の村」のシステムは、マザー(代理母)、兄弟、家、村という、大きく分けてこの四つの要素で成り立っています。子供達は必ず代理母となるSOSマザーのもとで、平均六人程度の子供たちと兄弟となり共同生活します。ひとつの家族はそれぞれ一軒の家に住み、また、これらの家が平均10軒から15軒集まることによって、ひとつの村として成り立ちます。各村には村の子供合唱団、サッカー場、教会、公園などがあり、ひとつの立派な村として機能しています。
世界中にある「SOS子供の村」の本部であるチロル州・イムストの   「SOS子供の村」を訪れ、施設を見学し、子供たちとふれあう、または責任者とインドやアフリカ、バングラデッシュなどの発展途上国、そしてオーストリア、アメリカ、日本などの先進国での福祉問題についてディベートすることによって、社会福祉に関する関心を高めます。