オーストリア・チロルでの修学旅行
 

オーストリア・チロルは「アルプスのハート」と慕われる通り、ヨーロッパの中心に位置し、美しいアルプスの山々と豊かな草原に囲まれています。チロルの州都インスブルックは、2度も冬季オリンピックが開催された都市として知られ、その歴史は中世時代に遡ります。インスブルックは、その美しさはもちろん、銀と岩塩が取れたことからハプスブルグ家に大変愛され、ウィーンに続く第二の首都として栄えました。日本では知名度が余り高くありませんが、チロルは芸能や音楽、美食、そして素晴らしい自然と伝統ある歴史を誇り、毎年多くの修学旅行グループがヨーロッパやアメリカから訪れています。これらのグループは、特に都会からチロルへ訪れるため、現地校との交流の他に、農家体験やパン作り体験、ハイキングなど、自然や伝統文化に触れることを重要視しています。それは、チロルでは自然を忘れかけてしまっている子供たちに、都会では体験することのできない、授業では学ぶことのできない、新たな発見と感動を与えることができるからです。
 また、チロルは日本との音楽交流にも積極的に力を入れています。チロルの州都インスブルックを始め、モーツァルトの生地として、また「ドレミの歌」や「エーデルワイス」などの名曲で知られる映画『サウンド・オブ・ミュージック』に代表されるザルツブルクは、アジアの音楽に大変関心を示しています。チロル州観光局は、長年におよぶザルツブルク州観光局とのパートナーシップを元に、日本からの音楽交流を目的とした海外修学旅行グループを支え、素晴らしい演奏会の実現に向けて様々なサポートを行なっています。
 歴史と伝統文化にあふれるオーストリア・チロルで、優雅なアルプスの自然に触れること、そして音楽や芸能、言葉や宗教、あらゆる異文化に接し、さらには国境を超えた舞台で何かに挑戦すること、これらの経験は国際化が進む社会において、子供たちに勇気と希望を与えてくれる、大変素晴らしい教育の一環と思われます。海外修学旅行でグループとして、また個人として得た経験は、子供たちにとって一生忘れがたいものとなるでしょう。海外修学旅行の実現には、学校関係者及び保護者の方々など、多くの人の協力が必要となります。しかし、こうした海外修学旅行は子供たちにとって決して無駄にはならず、反対に子供たちの人間的な成長を促す有意義なプロジェクトと言えます。チロル州観光局は、チロルとの異文化交流を果たしてみたい、またはチロルで何かに挑戦してみたい、積極的な学校やグループのプロジェクトを心よりお待ちしております。