ゼーフェルト・アルムでのジャム作り体験
 

チロルの食文化の中で不可欠なものの1つと言えばジャム。アルプスの昔ながらの山小屋で、季節の果物を使って、伝統的なジャム作りに挑戦してみませんか?そして自分で作ったジャムを昼食のデザートに添えて味わってみませんか?
 
プログラムは町の中央広場から始まります。地元の馬車で30分ほどかけて、町の中や高原地帯、可愛らしい小川や花々を見ながら、森林の中へ入っていき、自然豊かな道を通って山中のヒュッテ「トリエンデルゼーゲ」へ向かいます。到着後、早速ジャム作りに挑戦です。
近代的なキッチンではなく、1848年に建てられたチロルらしい山小屋の雰囲気を味わいながらジャムを作ります。新鮮な季節の果物を自ら洗い、調理し、煮ます。出来上がったジャムは可愛らしい小ビンに入れ、自分の名前を書き込めばオリジナルジャムの完成。出来上がったジャムが冷めるまで、山小屋の隣のガストホーフで昼食をとります。
体の温まる美味しい郷土料理を味わった後には、できたてのジャムをデザートに添えて味わうことができます。手作りジャムは、どのジャムよりおいしく、最高のおみやげになることでしょう。
昼食後は、緑溢れる自然の中を約30分のウォーキングでゼーフェルトの町へ帰ります。
 
チロル風のジャムは作るのは簡単、味は本場の味。ゼーフェルトのバカンスに味覚の思い出を添える楽しいプログラムです。

プログラム内容:
トランスファー、ゼーフェルト~ヒュッテ(馬車):約30分ジャム作り:約1時間
昼食:約1時間30
ゼーフェルトまでウォーキング:約30
参加人数:825名 所要時間:約3時間30


期間:1年中(4/11月は除きます)。水曜日は休みになります。