ハイキング・基本情報
 

服装について

天候・気温が変わりやすい山歩きではウェア選びがとても重要です。ウェアには3つの種類に分けられます。素肌に直接触れるアンダーウェア、その上に着るミッドウェア、一番上に着るアウターウェアです。

アンダーウェア(下着)は、汗を吸収する吸湿性と同時に発散させる速乾性の機能に優れ、なおかつ保温性の高いポリエステル系の素材のものをお薦めいたします。

ミッドウェアは、コットンやウール、フリースなど素材の種類は多岐にわたります。ミッドウェアで温かさを調節しましょう。浸透性と速乾性の両機能を持ったフリース素材は、上述したアンダーウェアと組み合わせると効果的です。

アウターウェアは、一番外側に着るため、耐久性、保温性、防水・防風性の高い素材を用いたものがよいでしょう。また、体にフィットした軽くて動きやすいものを選ぶようにしましょう。軽量で保温性、防水性、浸湿性に優れたゴアテックスなどの素材がお勧めです。

 

ズボン・パンツ:
ゆったりとした歩きやすいものがよいでしょう。ジーンズは歩きにくく不適当です。また、夏の時期で晴れた日に2000m以下を歩くときは、ショートパンツが快適でしょう。(素材に関しては上述参照)

雨具・防寒具(アウターウェアとして):
気温の変化に備えて暖かいセーターを、また悪天候に備えてレインコートやウィンドブレーカーを用意してください。フード付きで防水加工されたものをお勧めいたします。レインコートは防風、防寒にも役立ちます。
高所や雨天に備えて、薄手の手袋も用意しておくとよいでしょう。さらに雨に備えて防水加工されているオーバーズボンがあると便利です。ゴアテクスの素材は、防水、保温、放湿、軽量で最適です。

靴とストック(杖):
岩場、じゃり道、ぬかるんだ道、雪道などさまざまな路面状態に対応でき、自分の足に合った歩きやすいハイキングシューズ、トレッキング・シューズを履きましょう。 足首部分のカットが高いものほど足首への負担が減り、安全性が高く、ハードな道にも対応できますが、一方で足首の自由が失われるともいわれています。(なだらかな道を歩くウォーキングやハイキングの場合はジョギングシューズで十分です。)
時期により残雪のあるコースもあり、また雨に備えて防水加工されているものがよりよいでしょう。
ストック(杖)を使って歩くと膝や腰にかかる負担が少なくなり便利です。

帽子・サングラス・手袋:
高所では雪や氷河の照り返しがあり、紫外線が強いので、帽子やサングラス、日焼け止めクリームなどを携帯しましょう。また、帽子・手袋は防寒にも役立ちます。

リュックサック・水筒:
両手が自由になるようにリュックサックをお使いください。防寒具、飲み物、貴重品などを収容できる大きさのものを用意しましょう。肩にかけるストラップが自分の肩にフィットした、しっかりした作りのリュックが良いです。また、ストラップの長さは事前に調節しておきましょう。雨に備えて防水加工されているリュックサックカバーもあると便利です。
水分補給のため、水筒をお持ちになるのもよいでしょう。スーパーマーケット、駅の売店、また山のレストランなどで買うこともできます。

その他:
・着替え:着替え用のシャツも用意しておくことをおすすめします。
・双眼鏡:双眼鏡があると、アルプスの展望がよりいっそう楽しめます。
・カメラ・デジカメ:美しい風景や可愛らしい高山植物をぜひ思い出の1ページに。
・虫めがね:高山植物や昆虫に興味のある方は持参されると便利です。
・レジャーマット:お弁当を食べるときなどに便利です。

地図:
最寄りの観光局や観光案内所で、簡単な地図を入手できます。



  ウォーキング・ハイキング・トレッキングの違い
 

ウォーキング
アップダウンのない、2時間以内のコースを歩きます。自然に親しみ、楽しみながら高原や山野を散策したり、湖畔を一周したりします。

ハイキング
アップダウンがあり、4~5時間以内のコースを歩きます。低山への登山を意味します。ゴンドラやリフトで高度をかせぎ、自然に親しみ、山々の景観を眺めながら山麓へと下る軽登山を意味します。

トレッキング
ハイキングよりも距離、所要時間を要し、体力・技術をより必要とする登山をトレッキングと定義します。登山と同じ服装・装備が必要です。少なくとも5時間以上歩きます。山越えや氷河歩き、または山の峰々を何日間かかけて渡り歩くのもこの範疇に含まれます。