前菜― Vorspeisen
 

フリタッテンズッペ Fritattensuppe
細切りパンケーキ入りコンソメスープ。

チローラー・クヌェーデルズッペ Tiroler Knoedelsuppe
ほぐしたパンにひき肉やベーコンを混ぜた
お団子(クヌェーデル)が入ったコンソメスープ。

グリースノッケルズッペ Griessnockerlsuppe
粗挽き小麦の団子入りコンソメスープ。


  メイン料理―Hauptspeisen
 

ハウス・プファンデル Hauspfandl
にんにくのスパイスを効かせ、ブランデーでじっくり煮込んだ豚肉料理。チロル地方でよく食べられ、「家のフライパン」というユニークな名前が付いています。

バウエルン・シュヴァインスコトレッテ Bauernschweinskottelette
「農民風カツレツ料理」という名前。フライパンごとオーブンに入れ作られます。
スモークベーコン、玉ねぎ、ポテトと野菜が入ったボリュームたっぷりの料理。

チローラー・グレーステル Tiroler Groestl
チロルの家庭で最も親しまれている代表的な郷土料理。じゃがいも、牛肉、豚肉、
玉ねぎ、そして多種類のハーブを混ぜ合わせて炒めた「チロル風肉じゃが料理」。

ツヴィーベル・ロストブラーテン Zwiebelrostbraten
牛肉のローストに香ばしく炒めたたっぷりの
玉ねぎソースをかけた一品。ローストポテトを添えて食べます。

チローラー・カルトッフェルン Tiroler Kartoffeln
ソーセージ、ベーコン、野菜をじゃがいもに加えて炒めたもの。

ゲフュルテ・ヒューナーブルスト Gefuellte Huehnerbrust
香草を詰めたチキンの胸肉のロースト。

フォレッレ・ミュッラリン Forelle Muellerin
新鮮なマスのグリル料理にポテトサラダ。
マスにはレモン汁をかけて塩味で食べるのがチロル風。

ケーゼシュペッツレ Kaesespaezle
チーズと小麦粉でできたお団子の上に
カリカリに揚げたタマネギがのっている農家料理。
もちもちした食感が楽しめます。

アイヤーシュヴァンメル Eierschwammerl
キノコ(アイアーシュヴァンメル)とタマネギを
たまごと一緒に炒めた軽い料理。

ゲミューゼ・テラー Gemueseteller
温野菜の盛り合わせに目玉焼きをのせたもの。

シュルッツクラップフェン Schlutzkrapfen
「チロル風の餃子」。中にはホウレンソウや
トマトソースが入っていて、溶かしたバターをかけて食べる料理

チローラー・クネーデル Tiroler Knoedel
パン、小麦粉、ミルクなどを混ぜて作ったチロル風のお団子。最も代表的な
サイドディッシュとして有名。ホウレンソウ入りやひき肉入り、スモークベーコン入りなど様々な種類があります。チロルで旅行する際には是非一度は食べたい料理。

  デザート―Nachspeisen
 

カイザーシュマレン Kaiserschmarren
「皇帝の料理」と呼ばれるパンケーキ料理。一口大の大きさのパンケーキにパウダーシュガーをかけ、リンゴ・ムースやコケモモのジャムを添えて食べます。

アプフェルシュトゥルーデル Apfelstrudel
シナモン風味のリンゴを薄いパイ皮に包んで焼いたもの。生クリーム、またはバニラソースと一緒に食べるこのアップルパイはオーストリアのお菓子の定番です。

アイスパラチンケン Eispalatschinken
パラチンケンと呼ばれるクレープは元々チェコのお菓子。チョコレートソースをかけたクレープの中身はバニラアイスになっています。

マリレン・クネ-デル Marillenknoedel
アプリコットが中に入ったお団子。季節によってプラムやイチゴなど中の果物が変わるのも楽しみのひとつです。

ゲルムクネーデル Germknoedell
あんまんのような形で、プラムのジャムが中に入っており、その上にケシの実とバニラソース、または溶かしたバターがかかっています。特に子供達が好むデザートです。


  ドリンク―Getraenke
 

シュナップス Schnaps
薬草や果実などで作った日本の焼酎のような、アルコール約45度の強い蒸留酒。香り、口あたりはとてもよくまろやかで、小さなシュナップスグラスで一気に飲みきるのが礼儀。農家や山小屋では歓迎のしるしに、自家製のものを出してくれることも。このようなときには「ツム・ヴォール! Zum Wohl!」 と言って健康を祝って乾杯しましょう。

ビール Bier
チロルでは渓谷ごとに違う伝統的なビール製造会社があり、自家製ビールを出すレストランも数多くあります。どこよりもおいしい自慢のビールをお客様に飲んでもらいたいというチロル人の”気質”の表れかもしれません。チロル旅行の際に、各地の地ビールを飲み比べてみるのも楽しみの一つです。

ソフトドリンク Saft
現地ではソフトドリンクは100%で飲むか、または水や炭酸水で割って飲みます。種類は豊富で、リンゴApfel、ラズベリーHimbeer、ニワトコ Holunder、コケモモJohannesbeerなどアルプス地方特有の果実ジュースがお勧めです。

天然水 Wasser
チロルの水はアルプスの源泉から出る天然水でカルシウムとマグネシウムを多く含みます。チロルの水はイタリア、ロシア、タイ、アメリカなどに輸出されており、クオリティーの良さが世界的に評価されています。2003年8月、ウィーン大学の調査でインスブルックの水道水はオーストリアで最も美味しい健康水と評価されています。
水には炭酸水(ミット・ガスMit Gas)と炭酸なしの水(オーネ・ガスOhne Gas)の2種類があります。