チロルでの宿泊
 

チロル各地には伝統ある超高級ホテルから団体旅行に適した3つ星から4つ星のホテル、さらには個人旅行者にお勧めしたいホテル、コンドミニアムやペンションなどお手頃な宿泊施設が充実しています。高級リゾートホテルからアットホームなペンションまで、訪れるお客様の希望に適した宿泊先が必ず見つかるでしょう。

チロルには様々な形態の宿泊施設があります。
宿泊は旅行を快適で有意義にする重要なポイントになりますので、旅行の目的や予算に合った宿泊施設をお選びください。

  宿泊施設の種類
 

Hotel
 1~2つ星の経済的なホテルから、近代的な設備を持つ格式高い4~5つ星ホテルに至るまで、ランクは様々です。多くの伝統あるホテルでは、チロルの民芸 的雰囲気を大切に残しています。かつての貴族のお城や住まいを改装したホテルでは、当時の栄華を偲ばせる豪華なインテリアに囲まれ、優雅なホテルライフを 味わうことができます。
 基本的にチロルのホテルはインスブルックと郊外にある2、3軒のホテルを除き、全てが家族経営となっています。「チロルらしさ」を大切にしており、食事もチロルの郷土料理、そして建物もチロルリアン・スタイルのものがほとんどです。

ガストハウス・ガストホフGasthaus/Gasthof
 伝統的な建築様式で建てられた宿泊施設。日本でいう民宿のようなものです。
 ホテルより小規模で地方色豊かな建物が多く、1階がレストランで2階以上が客室のスタイルをとるところが多くみられます。ほとんどが朝食のみで、ハーフペンション(朝食・夕食付き)はないのでご注意ください。

ペンション Pension
 すべて家族経営で、長期滞在者向けです。
 地方のリゾート地に多くあります。稀ですがシャワールームが共同になることもあります。経済的な長期滞在をお求めの方にお勧めです。ほとんどの場合、食事は朝食のみとなります。


コンドミニアム・アパートメント Appartment
 少なくとも3泊以上滞在するお客様を対象としています。基本的な部屋の構成は、リビングルーム、寝室、キッチン、バス、トイレとなっています。朝食が付いている場合もありますが、基本的にはキッチンが付いており、自炊できるようになっています。
 1つの町に1週間以上滞在する場合は、休暇用アパートを借りてみてはいかがでしょうか。“暮らす”ような滞在もまた魅力です。食器や調理器具は ある程度揃っていて、スーパーで好きな物や、その土地ならではの食材を買って調理するのも楽しいでしょう。ハイシーズンは、数ヶ月前に申し込まないと希望 する部屋が予約できなかったり、場合によっては満室という恐れがあるので、早めの予約が必要です。

ユースホステル Jugendherberge
 設備もよく清潔なところがたくさんあります。相部屋でシャワー、トイレが共同であることが多く、料金が安く、30歳未満の会員に優先権が与えられます。(会員証は日本ユースホステル協会が発行します)

宿泊施設 宿泊
朝食 夕食
ホテル
ガストハウス・ガストホーフ
ペンション
アパートメント ×
ユースホステル ×

●:可能

▲:可能な場合あり

×:不可能

  その他
 

チロルでのツインベットについて

ツインベットとは、通常、二つのシングルベットを指しますが、チロルでは、ベットが分離されておらず、一つに合体した形態になっています。マットレス、またシーツや掛け布団は2つに分かれており、マットレスの間には、5~10cmほど間が開いています。チロル全体でこの形態のツインベットが普及しており、オーストリアツインもしくはジャーマンツインと呼ばれています。完全に二つに分かれたセパレート・ツインのお部屋を確保できるホテルは非常に限られていますので、チロルではセパレート・ツインのお部屋は基本的にないとお考えください。

ハイシーズンとオフシーズンについて

夏のシーズンは6月の4週目から9月の3週目までを、冬のシーズンは12月の1週目から4月の4週目までを指します。それ以外のオフシーズンは、インスブルックを除き、多くのホテルが休業しますのでご注意ください。