リンダーホーフ城
 

リンダーホーフ城(ドイツ)

 リンダーホーフ城はルートヴィッヒ2世が手がけた第1の城「ノイシュバンシュタイン城」の建設中に建てられました。 ルートヴィッヒ2世が建てた3つの城の中で、唯一彼の生前に完成した城です。1874年に着工され、1879年に「王の別荘」として、現在の形になりました。外観はバロック様式で作られ、内部はロココ調の装飾で溢れています。ルートヴィッヒ2世はフランスルイ王朝への憧れから、ヴェルサイユ宮殿にある「トリアノン宮殿」を真似て作らせました。ワーグナーの「タンホイザー」の1場面をかたどった「ヴェーヌスの洞窟」と呼ばれる人工の洞窟があり、タンホイザーの序曲を聞きながら内部が見学できます。

 

アクセス(車の場合):

インスブルック~エッタール:約1時間20分
ゼーフェルト~エッタール:約1時間

電車とバスで行くことも可能。チロル交通局などから、時間表を調べてください。

 

オープン時間:
下記のホームページをご覧下さい。

内部見学時間:
城内のガイド(約30分)

お問い合わせ:
sgvlinderhof@bsv.bayern.de
http://www.linderhof.de/