アーヘンゼー
 

アーヘンゼー(アーヘン湖)周辺 Achensee

ペルティサウ Pertisau(アーヘンぜー湖畔の村)

標高: 940m 人口: 460人 
 チロル最大の湖で水質の大変良いことで知られる湖、アーヘンゼー(面積9km2)。氷河堆石が谷をせきとめて造りだした標高931mに位置しているこの湖は、アルプス地方で最も美しい山岳湖のひとつです。両岸にはカルヴェンデルとローファンの山並みが迫り、「チロルのフィヨルド」とも呼ばれています。

 イェンバッハから狭軌鉄道の蒸気機関車アーヘンゼーバーンに乗って終点のゼーシュピッツエの桟橋まで約45分の楽しい旅です。短い区間(6.8km)ながら最大勾配16度、440mの高度差をかけ上がります。1888-89年に作られたこの鉄道は現役としては世界最古のアプト式鉄道で、既に110年以上の歴史を持っています。途中駅マウラッハで下車して、ゴンドラ(Rofanseilbahn)で山頂(1,834m)まで行くこともできます。また、沿線にエーベンという村があ、教区教会、聖ノートブルガ教会は16世紀初頭に起源するもので、チロルで最も親しまれている聖人「聖ノートブルガ」の遺骨が中央祭壇のガラスケースに祭られています。

 終点のゼーシュピッツエ駅前からはレトロな蒸気遊覧船が、西岸のペルティサウ(15分)を経由し、湖の北端のショーラスティカ(45分)へ就航します。ペルティサウはアーヘンゼー周辺で最も活気のある村で、船着場のそばには湖水浴場があり沢山の人々がその美しいエメラルド色の水を楽しんでいます。湖の水温は10~18度あり、ウィンドサーフィンやヨットにも向いています。湖沿いのプロムナードは大変な賑わいをみせ、可愛らしいレストランの窓には綺麗な花が沢山飾られています。チロル最大の湖アーヘンゼーの湖畔でアルプスの満喫しながらゆったりと食事をしてみてはいかがでしょうか?

  アクセス
 

アクセス(専用バス)

 

インスブルック~イェンバッハ 約35分
インスブルック~ゼーシュピッツ 約45分
インスブルック~ペルティサウ 約50分
ゼーフェルト~イエンバッハ 約45分