ハル・イン・チロル
 

ハル・イン・チロル Hall in Tirol

標高: 574m 人口: 12,500人
 中世の町ハルは、インスブルックから東へ約10kmのところにあります。町の正式名称はソルバード・ハルSolbad Hall。昔はイン川の水運の用地として、また豊富な岩塩(ハルの名前はギリシャ語の「ハリス」=「塩」に由来しています)の産地としてイン川の河川交易の重要な市場へと発展、1303年には早くも都市権を獲得しています。14世紀初頭にイン川のほとりに建てられたハーゼック城Burg Haseggは、ハプスブルク家のマクシミリアン1世が結婚式を挙げたところとして知られ、現在でも多くの観光客が訪れています。城内の塔ではかつて銀貨が鋳造されていました。1477年、造幣所が南チロルのメラノからハルへ移され、経済センターとしての地位が確立しました。ここで鋳造された当時世界最大級の銀貨「ターラー」は今日のドル(ダラー)の先駆とされています。
 現在、このミュンツエントゥルム Muenzenturmは博物館となっており、入り口で記念コインを作ることができます。町の中心の広場(Oberer Stadtplatz)には、後期ゴシックとバロックがみごとに調和した内装をもつ教区教会Pfarrkirche、マリア像の立っている噴水、市庁舎Rathaus、塩坑博物館Salzbergbaumuseumがあります。また、坂道(Langer Graben)の途中にある小路(Eugenstrasse)を歩いていくと、チロルでいちばん古いルネッサンス教会、シュティフト教会Stiftkirche、そして赤い塔のイエスイーテン教会Jesuitenkircheがあります。
 町は中世の風情を色濃く残し、ヨーロッパらしい石畳の道、狭くて急な石段が旅情を誘います。

  アクセス
 

アクセス(専用バス)

 

インスブルック~ハル・イン・チロル 約10分
ゼーフェルト~ハル・イン・チロル 約35分
サンクトアントン~ハル・イン・チロル 約1時間25分
レッヒ~ハル・イン・チロル 約1時間50分
ミュンヘン~ハル・イン・チロル 約1時間50分

  ハル・イン・チロルの見どころ
 

博物館(ミュンツエントュルム):

開館期間:
  4月~10月、火曜-日曜10時~17時、月曜日は休館。
11月~3月、火曜~土曜10時~17時、日曜、月曜は休館。

最終入館時間:16時
その他休館日:12月25日~27日、1月1日
 (2009年9月現在)

博物館内見学時間:
約30~40分

http://www.stadtwerke-hall.at/burg-hasegg/