レッヒの見どころ
 

タンベルク橋
美しいレッヒ川に架かるこのタンベルク橋は、古いチロル風の建造物で、屋根があるのが特徴です。可愛らしい町のシンボルともなっています。

ベーメルマンスの噴水

レッヒ出身の作家ベーメルマンスが母フランシスカのために造ったもの。ベーメルマンスは戦中、母とともにガストホーフ・ポストで過ごし、後にニューヨークで児童本「マデリーネ」を出版、有名な作家となりました。彼の作品「ハイ・ワールド」ではレッヒへの恩を述べています。

ホテル・ガストホーフ・ポスト

記念碑
世界でも最も多く、オリンピックで優勝したスキー選手を生み出したレッヒ。キルヒプラッツ教会広場には、レッヒ出身のオリンピック及び世界選手権金メダリストの記念碑が建っています。

聖ニコラウス教会
この教会はレッヒに最初の集落ができた14世紀の歴史的建築物です。ワルザー民族によって造られたこの教会の室内は大変美しく、村人の集う場所として愛されています。

郷土博物館
この博物館にはレッヒに定住したワルザー民族や、レッヒとアールベルグ地方の歴史について紹介されています。

ホテル・ガストホーフ・ポスト

オランダ王家が三代に渡って訪れているホテル。ノルヴェー国王夫妻やスペイン王もここに滞在します

ホテル・クリストベルグ
オーナーのツィンメルマン氏は1964年インスブルック冬季オリンピックのスキー滑降競技金メダリスト。冬にはスウェーデンのカール・グスタフ王とシルビア王妃がここに訪れます。

ホテル・ベルグホーフ
オーナーのブルガー氏は、レッヒと白馬市の友好関係の証である「フェスト・ワイン」の生みの親。冬には経済界のVIP、ドイツ銀行の総裁やBMWの会長が休暇に訪れます。

ホテル・クローネ

チロルらしい外観のホテル。1927年には世界的有名な作家、アーネスト・ヘミングウェーが訪れました。

ホテル・モンツァボン
レッヒの中心から少々離れたところにある高級ホテル。ハリウッドスターのアーノルド・シュワルツェネッガーが休暇を取っています。

ホテル・アールベルグ
イギリスのダイアナ妃と息子たちが、ここで冬のバカンスを過ごしました。