ゼーフェルト・ハイキング情報
 

チロルでのハイキングに関する基本情報については、当ホームページの「ハイキング」にてハイキングの際の重要なポイントなどをご案内しておりますので、是非ご覧下さい。

 ゼーフェルトの周辺には数多くの湖、森、そして2000m級のアルプスの山々が存在することからハイキングのメッカとして知られてきました。湖の周辺を歩く簡単なウォーキングコースからハイキングコース、そして上級用トレッキングコースまで、バリエーションに富んだゼーフェルトの自然をぜひ満喫してください。

  ウォーキング・ハイキングコース案内
 

<ヴィルト湖ウォーキング>

 ゼーフェルト東端にある牧歌的なヴィルト湖を巡る美しいルートで、誰でも気軽に歩けます。湖南端の岸辺から自然保護区「ライター・モア」が始まります。湖岸に広がる美しいハシバミの湿原を通ってウォーキングコースが続いています。この湿原は様々な動植物が生息することで有名で、大自然の静寂の中で珍しい動植物との出会いが待っています。食虫植物として知られるモウセンゴケや、サワガニ、トカゲなどの多彩な顔ぶれに、太古のままの自然を感じることができます。自然保護区は森と草原に囲まれ、湖畔の一角にはクナイプ療法施設があり、足の疲れを癒すこともできます。

徒歩時間:約1時間30分

<メーザラ―タール・ウォーキング>

美しい森林、野原、そして色とりどりの花々。アルプスの変化に富む自然の中を行くこのウォーキングコースは、ゼーフェルトから始まり、メーザラータールを経てメーゼルンへ向かいます。きわめて手入れの行き届いたコースは、その大半が平坦で、初心者でも楽しく歩くことができます。思いがけない自然体験に恵まれ、時にはノロジカやリスなど、可愛らしい動物たちに出会うことがあります。メーゼルンでは大きな「平和の鐘」を見学するのが良いでしょう。1998年に制作されたもので、野外に吊るされた鐘としてはアルプス地域最大です。ここからイン渓谷上流部のダイナミックなパノラマを見渡すとき、ハイカーははじめて自分の立っている場所の標高の高さを実感します。晴天で見通しの良い日には、足元に広がるイン渓谷の景観は一層印象的です。メーゼルンの村で昼食をとった後、ゼーフェルトへの帰路ではさらに、1964年と1976年にオリンピック・ジャンプ競技の舞台となったジャンプ台を見学。このコースには多くのハイライトがあり、変化に富んだウォーキングコースです。

徒歩時間:約2時間30分

<ゼーフェルダー・シュピッツェ・展望ハイキングコース>

まずケーブルカーで標高1760mの中間駅ロスヒュッテへ。アルプスの美しい景観を堪能した後、一気にゴンドラで標高2065mのゼーフェルダーヨッホへ上がります。ここからはチロルの山々を眺めながらの展望ハイキングが始まります。他の山に妨げられることのない360度の展望を独り占めでき、視界の良い日にはドイツ最高峰のツークシュピッツェ(2964m)に加え、約900k㎡に及ぶ国立公園「カーヴェンデル・ヴェッターシュタイン」をもはるかに望むことができます。コースは標高2220mのゼーフェルダー・シュピッツェへと続きます。森林限界を過ぎると、下界とは全く異なるユニークな植物が見られます。山頂で小休止、雄大なパノラマを心ゆくまで満喫してください。帰路は再び徒歩でゼーフェルダーヨッホへ、続いてゴンドラでロスヒュッテへ。ここで軽い食事と休憩。再びケーブルカーで高原へ戻ります。

徒歩時間:約2時間、ゼーフェルダーヨッホ~ロスヒュッテもゴンドラではなく歩いた場合追加で約45分。

  トレッキングコース案内
 

<ゼーフェルダーヨッホ~ゼーフェルダーシュピッツェ~ライターシュピッツェ>

スタート地点はケーブルカーのロスヒュッテ・ふもと駅Rosshuette Talstation。そこから81番ルートで東方のヘルマンスタールHermannstalへ進み、最初の分岐点で左側の10番ルートに移り、カルトワッサーKaltwasserを経てロスヒュッテ(1751m)へ。そこからロープウェー山頂駅Seefelder Joch(2074m)まで一気に歩きます。山頂駅のすぐ前に展望台があり、美しいアルプスの山々を望むことができます。その後、ゼーフェルダーシュピッツェSeefelder SpitzeとライターシュピッツェReiterspitzeの道標に従って景色を眺めながらの尾根歩き。ゼーフェルダーシュピッツェ(2221m)からライターカーReither Karを下って行くと、ライターシュピッツェ山Reiterspitzeとヘルメレコップフ山Haermelekopfとの分岐点ライターヨッホReiterjochに到達します。左側の道をとってライターシュピッツェReiterspitze山頂(2374m)へ。途中にははしごもあり、ジクザクの道となります。山頂からは息を呑むようなアルプスのパノラマを展望。ライターシュピッツェから右側の尾根を南方へ下ります。ネルトリンガーヒュッテNördlinger Hütte(2239m)を通りすぎ、次の分岐点で右の道をとってライターヨッホ・アルムReither-Joch-Alm(1505m)へ向かいます。ライターシュピッツェ(2374m)とヘルメレコップフ(2224m)を通りすぎ、ライターヨッホ・アルムへ進み、そこからゼーフェルトの町へと戻ります。
ご希望によってはケーブルカーのロスヒュッテ・ふもと駅からゼーフェルダーヨッホ山頂までケーブルカーとゴンドラで登り、山頂からライターシュピッツェを目指すこともできます。

徒歩時間:約6時間

ゼーフェルダーヨッホ 頂上

<カーヴェンデル・トレッキング(エップツィルラー・アルム・コース)>

まずケーブルカーのロスヒュッテ・ふ もと駅Rosshuette Talstationの駐車場から6番ルートのレーマーヴェークRömerwegとヒルンヴェークHirnweg(同じ道で、名が変わります) を通り、アンカーシュラークAnkerschlagを経て、ギーセンバッハ Gießenbachの村へ向かいます。(一般向)
または、エップツィルラータール渓谷Eppzirler Talへ向かう際、レーマーヴェークを進み、シュロッスベルグSchlossberg(1186m)から右の道をとり、ルート70でアンカーシュラーク・ シュタイクAnkerschlagsteigの簡単な坂道を上ることもできます。後に、右側のルート72番でやや急な斜面を登りエップツィルラータールへ 進むこともできます。そこから212・15番ルートで右側のエップツィルラー・アルムEppzirler Alm(1459m)へ(健脚向)。
ギーセンバッハGiessenbachの駅前からは、212・15番ルートで狭谷をぬけてエップツィルラータール渓谷へ入ります。渓 谷の向こうには素晴らしいアルムの農園が見れます。エップツィルラー・アルムEppzirler Alm(1459m)からは、17番ルートでブライター・ザッテルBreiter Sattel(1794m)とウアシュプルング・ザッテルUrsprungsattel(2203m)を経てネルドリンガーヒュッテへ向かいます。84番 ルートでライターヨッホ・アルムReither-Joch-Almへ下り、ゼーフェルトへ帰ります。

徒歩時間:約4時間30分

<ネルトリンガー・ヒュッテ~ゾールシュタイン・ハウス>

  ゼーフェルトからマクシミリアン・ヒュッテへ向かう途中の迂回道路からコースが始まります。森の中に入り、84番ルートでライターヨッホ・アルム Reither-Joch-Alm(1505m)まで行きます。山小屋の裏から左の道の10番ルートをとり、途中、昔のマインハート坑道に通りかかりなが ら、ホッホアンガー Hochangerを越え、ヘルメレコップフHärmelekopfとライターシュピッツェReiterspitze方面へ進みながら、ネルトリンガー ヒュッテNoerdlinger Huette(2239m)へ向かいます。
また、健脚の方向きのコースとしては、ライターヨッホ・アルムから右の道の84番ルートをとり、イヒチオール(消毒・鎮痛剤)の探鉱 に通りかかりながら地溝を渡り、急斜面を登ってネルトリンガーヒュッテへ向かうともできます。ネルトリンガーヒュッテ(2239m)からは、11番ルート でラウエンコップフRauhenkopf(2011m)の西斜面を下り、シャートレーナーハウスSchartlehnerhaus(1856m)経由でラ イトReithへ向かいます。(健脚向)

徒歩時間約2時間30分。ライトからゼーフェルトまで約3時間30分)

  ネルトリンガーヒュッテからはライターシュピッツェ(2374m)の南東、17番ルートで山の東斜面を下り、ウアシュプルング・ザッテル Ursprungssattel(2096m)へ。そこから右のコース(76番ルート)で狭谷と断崖を、ほぼ尾根沿いに歩きながら、エアルトゥルム (2154m)の下を通り、16番ルートに合流後、右に曲がりゾールシュタイン・ハウスSolsteinhaus(1806m)へ行きますます。ただし、 このコースは持久力と登山経験を必要とします。または、ウアシュプルング・ザッテルから17番ルートで山を左下へと下り、次の分岐点で74番ルートをと り、ヴィンメルタール渓谷WimmertalをぬけてT字路で右の15番ルートでエップツィルラータール渓谷Eppzirlertalへ入ることもできま す。(ネルトリンガーヒュッテから約2時間30分)
他にも、ウアシュプルング・ザッテルから17番ルートでまっすぐ山を下り、直接エップツィルラー・アルム(1459m)へ行くこともできます。(ウアシュプルング・ザッテルから約45分)
  ウアシュプルング・ザッテル(2096m)からは、まず17番ルートをとり、分岐地点に到達したら右側の74番ルートで進みます。ズンティグケップル山 Sunntigkoepfl(1765m)の南側のなだらかな谷を歩いて行くと、エップツィルラー・シャルテ山Eppzirler Scharte(2103m)へ上ります。そこから16番ルートでゾールシュタイン・ハウスSolsteinhaus(1806m)まで下り、続いて98 番ルートでエアルシュピッツェ山頂(2405m)まで南斜面を上ります。このコースは登山経験が必要です。エアルシュピッツェ山頂までは約1時間30分で す。
 ゾールシュタイン・ハウスからは16番コースで山下り。途中ゾーレンアルムSolenalm(1644m)に通りかかり、ブランテ ンタールをぬけ、ホッホツィアル駅まで約1時間30分で到達します。そこから鉄道でゼーフェルトの町へ。または、シュロッスバッハ渓谷 Schlossbachertalにあるライテン村Leithenとライト村Reithを通ってゼーフェルトへ戻ることもできます。

徒歩時間約6~8時間

 


  ゼーフェルトでのハイキングガイド
 

ハイキングの際、山や高山植物についての詳しい説明だけではなく、皆様の安全のためにも、現地ハイキングガイドをご予約されるお勧めします。
 ゼーフェルトでのハイキング情報及びハイキングガイドのご予約、ゴンドラの運行時間などのお問い合わせは下記へご連絡ください。

 

お問い合わせ:

Tirol Alpin Bergsport Zentrum、A-6100 Seefeld