ゼーフェルトの見どころ
 

ゼーキルヘル<Seekirchl>
 美しい草原に建てられたこの可愛らしい教会は1666年に現在の形に修築され、ゼーフェルトのシンボル的な存在となっています。バロック様式の教会で、屋根はタマネギの形をしています。ロマンチックな結婚式場としてもこの町の人々に愛されています。­


オズワルド巡礼教会<Pfarrkirche St.Oswald>
 中央広場の前にあるゼーフェルトの最も大きな教会で、中世時代から巡礼教会として栄えてきました。伝説によると、1384年の復活祭の時に、高慢な騎士オズワルド・フォン・ミルザーがより大きな聖餐式のパンを要求したことで神が怒り、オズワルドの足元の地面を揺らしたといわれています。地面は再びパンがオズワルドの口から取り出されたときに固まったとされ、今でも凹んだ地面を見ることができ、オズワルドが口にした聖餐式のパンが大切に保管されているともいわれています。この伝説がゼーフェルトを最も有名な巡礼地へと発展させました。

ゼーキルヘル

町の中央広場<Haupt Platz>

 オズワルド巡礼教会の前にある中央広場は、ゼーフェルトの人々にとっての憩いの場となっています。祝日には屋台が並び、ノミの市やお祭りなどが催されます。また、この中央広場から馬車に乗り、ゼーフェルトの町周辺と山中を観光することもできます。

オリンピック・コングレスセンター<Olympia Kongresscenter>
 1964 年と1976年に開催されたインスブルック冬季オリンピックの際にゼーフェルトはノルディック種目の会場になりました。その際に建築されたのがこのオリン ピック・コングレスセンターです。現在でも中にはテニスコートやスイミングプール、日焼けサロン、映画館などがあり、一般市民も観光客も気軽に楽しめる施 設となっています。

メインストリート<Haupt Strasse>
 ゼーフェルト駅から直前に伸びるメインストリートには、レストラン、ブティック、木彫り職人の店、カジノなどが並んでいます。おしゃれな歩行者天国として観光客で賑わっています。

カジノ<Casino>
  ゼーフェルトのカジノは、毎年ドイツやイタリアの有名人が集まることで知られており、とても人気のスポットです。もちろん初心者の方でも気軽に入れます。 ルーレット、ブラックジャック、バカラ、ポーカー、レッド・ドッグ、セブン、イレブン、スロットマシーンなど国際的な各種ゲームに興じたり、おしゃれな店 内で雰囲気を満喫したり、楽しみ方は色々です。
また、2003年に出版された浅田次郎著「カッシーノ!」(ダイヤモンド社)でもゼーフェルトとそのカジノについて約40ページに亘って紹介されていますので、是非ご覧下さい。